解決する前に、まず理解します。正しく理解する事でユーザー中心の革新的なソリューションが生まれ、初めて問題が解決されます。