外資系企業にとって必要不可欠なローカリゼーション

GDP消費市場の大きさにおいて世界3位にランクする日本は、海外進出を狙う外資系の企業にとって、とても魅力的な市場です。しかし、高い数値とは裏腹に、日本は固有の文化や言語、エチケット、価値観を持っているため、市場に参入することが非常に難しいことでも有名です。

このような背景のなか、日本向けのローカリゼーションが行き届かず、ぎこちない翻訳が目立っていたり、部分的に英語が残ってしまっている外資系企業のウェブサイトをよく目撃します。日本向けのサイトがある分、まだいい方だと思うかもしれませんが、こうした安易な考えがあなたのブランドを結果的に傷つけるかもしれません。

今回は、外資系企業が日本で成功するために、ローカリゼーションを必要とする理由と、翻訳する際に気をつけたい点について、詳しく見ていきましょう。

非常に低い英語力

島国である日本の国民は、なんと99%が日本人です。実際に、日常の中で日本語以外の言語を使う機会はそうそうありません。また、ETSの調査によると、英語力テスト「TOEFL iBT」の日本のスコアは、アジアの中でも最下位国のひとつです。よって、日本市場に参入する場合、必ずコミュニケーションを日本向けにローカライズすることをお勧めします。

複雑な言語である日本語

アルファベットのみを用いるアメリカなどの国に比較して、日本語には、ひらがな・カタカナ・漢字の三種類の文字体系があります。さらに、日本語では尊敬語・謙譲語・丁寧語と、敬語を使い分ける必要もあるため、より複雑さが増します。また、英語と日本語は文法的に全く異なり、文章構成で主語・目的語・動詞の順序が違います。その上、文化によって表現や言葉のあやも違うため、翻訳アプリなどを使っているサイトやコンテンツは、明らかに文法が間違っていたり、不自然な表現が目立ちます。特に、翻訳のみならず、マーケティングにおいて重要なトーンとマナーも考慮した本当の意味での「ローカリゼーション」が必要な場合は、日本語および日本の文化をきちんと理解している専門家に任せることを強くお勧めします。

信頼性を重要視する日本市場

日本の消費者は、購買意思決定の際に、売り手と購入する製品およびサービスの信頼性に頼る傾向が、他の国に比較して非常に強いです。そのため、同じ製品でも値段が高い大手ブランドのものを購入したり、国産製品を好む傾向があります。リスクを嫌う日本の消費者にとって、不自然な表現や他国語が残るサイトは信頼性にかけるため、中途半端な状態で運営を続けるとビジネスに悪影響をもたらす可能性があります。

ブランドイメージ

信頼できる良質なブランドであることをアピールしつつ、競合が多く存在する中、市場にて独自のポジショニングを確立するために、消費者に響くブランドイメージを構築する必要があります。翻訳だけでとどまらず、ブランドとブランドのコミュニケーションをしっかりと地域に適応することが成功のカギです。

SEO(検索エンジン最適化)

まだまだ無名な企業として新しい市場に参入する場合、まずは潜在顧客に見つけてもらうこと、そしてビジネスの存在を知ってもらうことからがスタート地点です。しかし、国境のないオンライン上には莫大な情報量があります。そのような状況の中、顧客にサイトやコンテンツを見つけてもらうためには、ターゲット層がどのようなキーワードを使って貴社を検索しているかを把握し、グーグルなどの検索エンジンでそのキーワードが検索された時、上位に掲載されるように働きかけなくてはいけません。ランキングは、いかにユーザーが検索したキーワードに対してコンテンツが伴っているかで左右されます。そのため、日本語や日本の文化、市場の傾向などを考慮したキーワードをサイトのコンテンツに反映させることがSEO対策において重要です。また、きちんと翻訳やローカライズされていないサイトは、検索順位および検索のヒット率に影響が出てしまいます。

表示形式や必須機能の違い

日本の日にちや時間、通貨などを含む数値の表示形式は、他の国のものと異なります。また、名前の表示順序や住所、郵便番号の形式も違います。些細なことかもしれませんが、サイト上のこのような項目の表示形式が間違っていると、非常に際立ちます。また、日本ではECサイトの支払い方法として他国ではあまり見かけない銀行振込や代金引換、コンビニ決済などが必須です。このように、ローカリゼーションは言語の翻訳で止まらず、現地の文化や基準を理解し、徹底的に組み込む必要があります。

まとめ

日本市場で成功するには、顧客の心に響くブランドおよび信頼できるイメージを構築することが大前提です。そのためには、言語の翻訳のみならず、日本の市場や文化などを全面的に考慮したローカリゼーション戦略が必要不可欠と言えるでしょう。

※海外から日本市場へ進出を考える外資系企業に向けて書かれた記事を日本語に翻訳しています

お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ